TAG

為替相場の分析

  • 2019年5月4日
  • 2019年9月17日

一目均衡表の特徴&見方と使い方

一目均衡表の概要と特徴 一目均衡表は、為替レートの均衡状態を捉えるテクニカル指標だ。「時間(パラメータ)」を設定し、その間の値動きと値動きの中心値から、将来の為替レートを予測する。時間は、基本数値として「9、17、26」を設定することが多い。26は、 […]

  • 2019年5月3日
  • 2019年9月17日

ATRの特徴&見方と使い方

ATRとは? ATR は、「Average True Range」の略だ。為替レートの平均的な1日の値動きをあらわす。為替レートが、1日の間で平均してどの程度動くのかということを把握しておくのは、大切なことだ。海外では人気の高いテクニカル指標だが、日 […]

  • 2019年5月1日
  • 2019年9月17日

移動平均線の特徴&見方と使い方

移動平均線の概要と特徴 移動平均線は、一定期間の為替レートの終値を平均して一本の線で繋いだものだ。例えば、5日移動平均値は5日分の平均価格だ。移動平均線を見ることで、為替相場の大まかな方向性(トレンド)を読み取ることができる。移動平均線は、為替取引( […]

  • 2019年4月28日
  • 2019年9月17日

パラボリックの特徴&見方と使い方

パラボリックの概要と特徴 パラボリックは、為替相場のトレンド転換点を見極める「トレンドフォロー型」のテクニカル指標だ。常に買いか売りのポジションを持つことを想定して利用する。 つまり、買いポジションを持っているとき、為替レートのトレンドが転換して下落 […]

  • 2019年4月26日
  • 2019年9月17日

RCIの特徴&見方と使い方

RCIの概要と特徴 RCIは、一定期間内の為替変動の「時間」と「レート」に順位付けをして、両者の相関関係の強さをあらわす。為替レート自体を計算対象とはしていない。RCIは、「売られすぎ」と「買われすぎ」を見極めるのに適したトレンド系とオシオレーター系 […]

  • 2019年4月26日
  • 2019年9月17日

RSIの特徴&見方と使い方

RSIの概要と特徴 RSI(相対力指数)は、一定期間の為替レートの「値上がり幅」と「値下がり幅」を利用して、値動きの強弱を数値で表すオシオレーター系のテクニカル指標だ。RSIの数値を見て「買われ過ぎ」「売られすぎ」を判断する。 オシオレーターとは 振 […]

  • 2019年4月26日
  • 2019年9月17日

ボリンジャーバンドの特徴&見方と使い方

ボリンジャーバンドの概要と特徴 ボリンジャーバンドは、1980年代に米国のジョン・ボリンジャー氏が開発した為替取引(FX)でよく使われているトレンド系のテクニカル指標だ。標準偏差と正規分布という統計の考え方を取り入れている。移動平均線からの値動きの「 […]

  • 2019年4月25日
  • 2019年9月17日

ストキャスティクスの特徴&見方と使い方

ストキャスティクスの概要と特徴 ストキャスティクスは、一定期間の高値と安値を利用するテクニカル指標だ。1950年代に米国のチャート分析家ジョージ・レーン(George Lane)によって開発された。ストキャスティクスを為替取引(FX)で利用すると、「 […]