ウォール街

ウォール街の賞与が減少!?

賞与が3年ぶりに減少

米ニューヨーク州では、同市で証券業を手がける金融機関の従業員の賞与(2018年)が3年ぶりに減少したという。その下落幅は17%。「100万円」支給されていたとしたら「83万円」に減ったということになるので、減少幅としては比較的大きい。

証券業界全体の利益は前年比で11%増加したのだが、従業員数が増えたので1人あたりの平均賞与が前年比で減少した。会社の業績が好調なのに給料が減っているので、従業員は納得できないのではないか。

ウォール街の賞与が減少!? - 為替チャート

トランプ大統領が就任後も、ダウ平均株価は堅調に推移している。その影響もあって、2018年のニューヨーク市の金融機関の従業員は前年比で約2.6%も増えており、過去10年間で最も高い水準になっている。金融機関の採用意欲は強く、今後も雇用は増加傾向が続くとみられる。

日本の証券会社の年収は?

転職情報サイト「キャリコネ」のデータをもとに、1〜5位までランキングした。

  1. 野村證券:920万円
  2. SMBC日興証券:845万円
  3. 三菱UFJモルガン・スタンレー証券:765万円
  4. みずほ証券:710万円
  5. 大和証券:650万円

ウォール街の賞与が減少!? - 野村證券本社

「思っていたよりも高い」と感じた方が多いのではないか。厚労省発表(2010年)の全業界平均の大卒後3年以内離職率は、31%である。しかし、証券業界に限っては、証券会社で働く私の友人に聞く限り「3年以内離職率は50%」だという。

証券会社でサラリーマンとして生き残ること自体が難しいので、10年も働き続けたら相当優秀だといえる。特に、大手企業ほど出世競争は熾烈であるから、時の経過とともに「厳選」された社員には、高待遇を享受することができても、なんら不思議ではない。

外資系証券会社の年収は?

日本人が外資系証券会社で働く場合、年収はどれくらいなのか。「キャリコネ」の情報に基づいてランキングを作成した。

  1. UBS証券:2169万円
  2. ゴールドマン・サックス証券:1929万円
  3. バークレイズ証券:1781万円
  4. BNPパリバ証券:1618万円
  5. モルガン・スタンレーMUFG証券:1322万円

ウォール街の賞与が減少!? - ドル紙幣

もはや、桁が違う。噂によると、仕事のスケールも違うようだ。職種によっては、数十億円のお金を一人で操り、資金運用をすることもあるという。

証券業界に転職するには

証券業界の業績は好調なので、人材を積極採用している。採用ルートは二つある。「直接応募」と「エージェント経由の応募(転職支援サービス)」である。

リクナビNEXT

ウォール街の賞与が減少!? - リクナビNeXT

直接応募の場合、株式会社リクルートキャリアが運営する「リクナビNEXT」がおすすめだ。業界最大手のリクルートホールディングスが最も注力して、大々的に広告を打っている「転職求人情報サイト」である。このため、知名度が高くて利用者も多い。

「リクナビNEXT」に求人を掲載する企業は、多額の掲載費用をリクルートに支払っているので、「人材採用にお金をかける企業(人を大切にする会社)」の求人が多数掲載されているといえる。よって、ブラック企業にあたる確率は非常に低い。

ワークポート

ウォール街の賞与が減少!? - ワークポート

次に、転職エージェントを紹介させていただく。ワークポートは、従来「IT系」の転職支援に注力してきたが、現在は証券業界を含めて、ほぼ全ての職種の求職者に対応している。15年間で延べ35万人の転職を支援しており、業界随一の実績がある。保有する求人情報が多いことでも有名だ。

第二新卒 Agent neo(エージェント・ネオ)

ウォール街の賞与が減少!? - 第二新卒エージェント・ネオ

貴方が若手なら、第二新卒 Agent neo(エージェント・ネオ)がおすすめだ。第二新卒 Agent neoは、転職エージェント大手の株式会社ネオキャリアが提供する既卒、フリーター、第二新卒、20代の方向けの無料就職支援サービスだ。若手向けの転職支援に特化したアドバイザーが個別の就職相談に対応し、履歴書・職務経歴書の添削、未経験可の正社員求人の紹介などを行う。正社員として就職・転職したい方を内定までサポートしている。もちろん、経歴不問だ。

キャリコネ

ウォール街の賞与が減少!? - キャリコネ

こちらも、転職エージェントだ。本文中にも何度か登場した「転職情報サイト」であるが、転職支援にも力を入れている。在職者や退職者の生の声(口コミ)が多数掲載されており、転職の際には確認しておきたい情報源の一つだ。キャリコネは「企業とのネットワーク」を強化しており、充実した転職支援サービスにも期待できる。