2020年7月 年利130%のEA 賢者FX(GBPJPY)

2020年7月 年利130%のEA 賢者FX(GBPJPY)

賢者FX(GBPJPY)が年利130%を達成!

賢者FX(GBPJPY)は、2020年3月11日にシステムトレードのterrace(テラス)で公開された自動売買システム(EA)だ。

システム登録前のterrace(テラス)による検証では、賢者FX(GBPJPY)の年利は48%に留まっていた。

しかし、その後の約3ヶ月間で見事な成績を出し、年利換算で「130%」を達成。

terrace(テラス)登録EAの中でも、総合3位の年利となっている。

terrace(テラス)のランキング - 2020年7月 年利130%のEA 賢者FX(GBPJPY)

 

ネコちゃん
凄まじい成績の伸び率だね。

月利は「26.1%」で1位!

ただでさえ、GBP/JPYの相場は、コロナウイルス蔓延の影響で荒れ狂っている。

その中で、月利「26.1%」をたたき出すことができるとすれば、賢者FX(GBPJPY)もはや化け物級のEAだとしか言いようがない。

 

ネコちゃん
このEA、マジで欲しくなってきた・・・。

3ヶ月の利益率も「37%」で3位!

100万円が僅か3ヶ月で137万円になるという計算だ。

賢者FX(GBPJPY)の価格が「175,800円」だから、3ヶ月運用すれば、充分に元が取れてお釣りが来るという計算だ。

賢者FX(GBPJPY)の特徴は?

統計 - 2020年7月 年利130%のEA 賢者FX(GBPJPY)

ひと言で言うと、「統計学の駆使」による不確実性の低減が特徴だといえる。

  • 統計的に勝率の高い時間帯でエントリー
  • 多くの組み合わせから最適化されたトレンド判断
  • 騙しを局限した繊細なエントリータイミング
  • 利益の最大化と損失の最小化
ネコちゃん
なんだか難しそうだな・・・詳しく知りたい方は、販売ページに書かれているので、参考にしてみてね!

開発者のアスコットシステム氏とは?

金融工学を学び、とある経済誌で投資コラムの執筆を担当。

トレード歴15年以上のベテラントレーダーだ。

EAの制作に当たっては、金融工学の「不確実性」という概念に着目し、ロジックを組み立てているという。

過去の値動きという膨大なデータから、将来の取引における「不確実性」をできる限り軽減するよう試行錯誤しているとのことだ。

ネコちゃん
学者志向だったのかな!?
イヌくん
EA制作者としては珍しい経歴だよね。

terrace(テラス)の「おすすめ」認定!

本稿執筆時点で賢者FX(GBPJPY)は、terrace(テラス)の「おすすめのトレードシステム」に選ばれている。

もっとも、「おすすめのトレードシステム」は、何らかの基準に基づき時々入れ替えられるようなのだが。

テラスのおすすめのEA - 2020年7月 年利130%のEA 賢者FX(GBPJPY)

ネコちゃん
terrace(テラス)がおすすめしてくれると、安心感はあるよね。

賢者FX(GBPJPY)の概要

テラスのEAの概要 - 2020年7月 年利130%のEA 賢者FX(GBPJPY)

通貨ペア GBP/JPY
時間足 15分足
取引スタイル スイング(トレンドフォロー)
スプレッド制限 非公表
購入後のサポート あり
説明書 あり
MT4対応
価格 175,800円

上記は、あくまも本稿執筆時点でのデータだ。

成績等の検証データは随時、terrace(テラス)により更新されるため、興味のある方は公式サイトの販売ページを確認してほしい。

EA販売サイトの紹介

本稿では、賢者FX(GBPJPY)をご紹介させていただいたが、他のEAと比較をすることも非常に大切なことだ。

ネットでEAを販売しているサイトは、主に2つあるので、ご紹介させていただく。

株式会社テラス

2008年に創業以来、一貫してEAの販売をネット上で行ってきた老舗だ。

「金融商品取引業者(投資助言・代理業) 関東財務局長(金商)第2347号」の正式な登録もある。

terrace - 2020年7月 年利130%のEA 賢者FX(GBPJPY)

 

株式会社ゴゴジャン(GogoJungle)

ゴゴジャンの収益ランキングトップのEAの成績は目を見張るものがある。

賢者FX(GBPJPY)と併せて導入を検討してみると良いだろう。

なお、ゴゴジャンで購入したEAは、「口座登録認証」を経て使用することができる。

つまり、1購入あたり1口座登録となっている。

 

ゴゴジャン - 2020年7月 年利130%のEA 賢者FX(GBPJPY)