CATEGORY

話題の経済ニュース

  • 2019年9月20日
  • 2019年9月20日

韓国大統領府が日本語サイトを開設

韓国政府が日本語サイトで主張 2019年9月18日、韓国大統領府が自国の主張を日本語に訳して掲載した特設サイトを公開した。 韓国大統領府の特設サイト 韓国政府がサイトを突如閉鎖する可能性がありますので、リンク切れの場合はご容赦ください。 特設サイトに […]

  • 2019年9月19日

8月の訪日韓国人が半減 関係悪化が響く

韓国人客が前年同月比48%減 2019年9月18日、観光庁が8月の訪日外国人旅行者数を発表した。これによると、訪日韓国人は前年同月比48%減の30万8700人となった。 訪日客全体でみると「2.2%減」となり、252万100人。台風による関空一時閉鎖 […]

  • 2019年9月19日
  • 2019年9月19日

Amazonが宅配ロッカー参入!

Amazon Hub ロッカーを設置 2019年9月18日、Amazonは「Amazon Hub ロッカー」というサービスを開始し、受け取りの選択肢を拡大すると発表した。 サービス名 受け取り方 保管期限 Amazon Hub ロッカー セルフ 3日 […]

  • 2019年9月18日
  • 2019年9月19日

韓国が日本をホワイト国から除外

韓国、日本のホワイト国除外で報復 2019年9月17日、韓国は日本をホワイト国から除外する方針を決定し、18日から施行した。韓国産業通商資源部は会見を開き、「韓国の輸出管理体制の強化が目的だ。」と主張している。 日本は8月に韓国をホワイト国から除外し […]

  • 2019年9月18日
  • 2019年9月24日

ラグビーW杯でビール不足!?

W杯で桁違いのビール消費予想 令和元年9月20日に、いよいよ日本でラグビーワールドカップが開幕する。そこで、ビール会社やパブ運営会社によると、W杯期間中にビールの消費アップが期待されるとのことだ。 世界中から外国人のラグビーファンが続々と訪日しており […]

  • 2019年9月18日
  • 2019年9月19日

【経団連】就職氷河期対策の効果検証が必要

就職氷河期対策に関する経団連の提言 令和元年9月17日に経団連は、政府が法改正を目指す雇用保険制度見直しに関する提言を発表。「雇用保険二事業」の保険料積立金等を活用して就職氷河期対策を行うのであれば、それらの政策の目標明確化や効果等の検証が必要だと訴 […]

  • 2019年5月8日
  • 2019年9月17日

米国が対中関税引き上げ(なぜ?経緯を解説)

中国に対する関税引き上げ22兆円分 経緯の前に、措置内容を確認しておこう。米国は、2019年5月6日、同10日に2,000億ドル(約22兆円)分の中国製品の関税を10%から25%に上げると表明した。米国時間7日にも正式表明する方針だ。 中国から米国へ […]

  • 2019年4月21日
  • 2019年9月17日

巨大IT企業に規制・定期調査を行う方針

独占禁止法に基づいた調査へ 2019年4月20日(土)と21日(日)の日経新聞の報道によると、巨大IT企業への規制に関する政府案の内容が明らかになったとのことだ。独占禁止法に基づいて実態調査を定期的に実施し、IT大手に取引先との契約条件の開示を義務付 […]

  • 2019年4月8日
  • 2019年9月17日

同一労働同一賃金とは? – パートと正社員

同一労働同一賃金とは 同一労働同一賃金とは、雇用形態(正社員・契約社員・アルバイト・パート)とは無関係に、同一の仕事に従事するならば、同じ水準の賃金が支払われるべきだという考え方だ。働き方改革関連法により、大企業は2020年4月、中小企業では2021 […]

  • 2019年3月30日
  • 2019年9月17日

大手企業でもリストラが増加!?

ソニーで事業縮小とリストラ スマホのメーカーといえば、ソニーが有名だ。ソニーは国内のみならず、スマホ事業をグローバル展開してきたが、事業を縮小する。具体的には、欧州や日本などを除く地域の販売網を大幅に縮小するとのことだ。国内については引き続き注力する […]

  • 2019年3月28日
  • 2019年9月17日

ブレグジット(EU離脱)とは?時系列で解説

英国のEU離脱をあらわす言葉 EU(欧州連合)からイギリスが離脱しようとしており、これをあらわす言葉がブレグジットである。イギリスを意味する「Britain」と離脱を意味する「Exit」で構成される造語だ。 2016年6月、イギリスでは、EU離脱の是 […]

  • 2019年3月28日
  • 2019年9月17日

ウォール街の賞与が減少!?

賞与が3年ぶりに減少 米ニューヨーク州では、同市で証券業を手がける金融機関の従業員の賞与(2018年)が3年ぶりに減少したという。その下落幅は17%だ。「100万円」支給されていたとしたら「83万円」に減ったということになるので、減少幅としては比較的 […]