為替投資(FX)では利食いを大きく

プロは、「損小利大」を徹底している

私は1年ほど前にランチを食べながら、一人で数十億円のお金を動かすことができる為替投資(FX)のプロフェッショナルから話を聞いたことがある。

プロは、ロスカットはポジションを形成する前に「●●pipsで損切だ」と決めておき、為替レートがその価格に到達した時点で自動的にポジションを決済している。ロスカットの判断に、感情は一切関与しないのだ。

一方で、利食いの場合は「徹底的に利益を伸ばします。含み益になったからといって、すぐに利益を確定しているようでは、絶対に為替市場で勝つことはできません。」とのことだ。

為替投資(FX)では利食いを大きく

どこでプロは利食いするのか

為替投資(FX)のプロは、「為替の値動きの大勢(トレンド)が変わった時点で、利食いをします。それまではキープするのだ大切です。」と言っていた。つまり、プロは、利益は徹底的に増やしてから利食いを行い、損切は機械的に行うことで損失を限定するということだ。

プロ曰く、「FX個人投資家の9割は、損大利小になっているので資金を失い続けて退場しているんです。」とのことだ。

為替投資(FX)では利食いを大きく

個人投資家が損小利大にする方法

FXのプロ投資家に、個人投資家が損小利大にする方法を尋ねてみると、「チャートの読み方や、テクニカル分析をしっかりと学ぶことが大切です。トレンドを見極められるようになることが大切なんです。」とのことだった。

テクニカル分析は、基本的な情報が書籍にまとめられているし、インターネット上にも多数の情報が出ているので、もし今、皆さんがFXの裁量取引で勝つことができないのであれば、まずはチャートの読み方とテクニカル分析の勉強をしよう。

為替投資(FX)では利食いを大きく

そして、為替投資(FX)のプロは、「チャートの読み方や、テクニカル分析が曖昧なのであれば、最初は最小ロットで取引を行うようにしましょう。3か月のトータル利益がプラスなら、徐々にロットを増やしても良いでしょう。」とアドバイスしてくれた。

確かに、分析方法が曖昧なのに、多額の現金を失いかねないような取引を行うことは非合理的だ。ところが実際には、「武器も防具も持たずに戦地に飛び込んでいく」ような自殺行為をして、FX市場から退場してしまう人が非常に多いのだという。初心者のうちから、ロットを大きく設定しないようにくれぐれも注意しよう。

FXの書籍紹介

テクニカル分析で「勝つ」FX

テクニカル分析の基本から各指標の読み方、「だまし」などの注意点を網羅している。さらに「日柄分析」や、プロが実際に使用しているテクニカル指標の組み合わせ方を紹介している。

為替投資(FX)では利食いを大きく

Amazon価格:1,028円

ずっと使えるFXチャート分析の基本

 

FX専業トレーダーが、値動きからチャートを読む「実戦的チャート分析」を紹介している。テクニカル分析だけでなく、チャート分析の重要性を説いた書籍だ。確かに、テクニカル分析偏重はいけないことだが、テクニカル分析を理解すらしていないことは、FX投資家として論外だといえるので、本書とあわせて、他の書籍も読んで勉強するのが望ましい。

為替投資(FX)では利食いを大きく

Amazon価格:1,620円

ザ・トレーディング

本書は、個人投資家、機関投資家を問わず、世界中のトレーダー・投資家にバイブルとして読み親しまれてきた「現代の古典」の全面改訂版だ。新たな研究とテクニックが追加されているので、より一層、読み応えがあるはずだ。今日のような動きの速いマーケットにも適合する良書だといえる。

為替投資(FX)では利食いを大きく

Amazon価格:1,620円