FXで使われるpips(ピプス)とは?

pips(ピプス)とは?

Pips(ピプス)は、為替取引の際に用いる単位で、値幅の大きさを示すときに使われる。

pips(ピプス)の「s」は複数形

pips(ピプス)は、「2」pips以上の場合に使う記号だ。1pipのときは、複数形の「s」を付けないことに注意しよう。「1pips(ピプス)」とは言わない。pipは「Percentage In Point」という英語の略だ。

USD/JPY(ドル円)の場合

1銭=0.01円=1pip

110.505円から110.608円まで上昇した場合、小数点部分を引き算して考えよう。

  1. 608-505=103
  2. 103×0.1=10.3pips

つまり、このとき「10.3pips」の上昇があったということになる。

EUR/USD(ユーロドル)の場合

小数第四位を基準に考える。第4位とは・・・例えば、「0.0001」の「1」は小数第四位だ。具体例を挙げて考えてみよう。

例えば、1.12579から1.12065までEUR/USD(ユーロドル)が下落したとする。まずは引き算をする。

  1. 1.12065-1.23579=0.00514
  2. 0.00514×10,000=51.4pips

引き算をした結果に、10,000(1万)を掛けた数字がpipsで示される数字だ。このケースでは51.4pipsの下落となる。

1pip動くと、いくら儲かる?

  • 1万通貨(海外FXなら0.1Lot):100円
  • 10万通貨(海外FXなら1Lot):1,000円

1Lot(10万通貨)のポジションを持ち、10pips予想通りの方向に為替レートが動いたら、含み益は「10,000円」となる。

毎日10pips取ることができれば、1か月(20営業日)で20万円の利益を得ることができるので、1発で大きく勝つことが難しいなら、コツコツと「貯金」するような感覚でトレードしてみると良いだろう。

おすすめの証拠金の計算ツール

XMの証拠金計算ツールがおすすめだ。他社の口座を利用していても証拠金ツールだけ利用することができるので、参考にしていただきたい。

計算ツール

「FXの知識と手法」の最新5記事