円安で話題沸騰中の不動産投資 RENOSY(リノシー)!

話題沸騰中の人気商品は「高品質の不動産」だ!

テレビで「円安」という言葉を聞いたことは無いだろうか。ドル円の為替レートは、現在140円前後で推移しているが、1年前には110円前後だった。円安になると、日本で売られている物を外国人が安値で買うことが可能だ。そこで、外国人投資家が日本の不動産を爆買いしているのだ。

だが、日本の不動産を爆買いしているのは、実は外国人投資家だけではない。今、日本人投資家も、不動産を爆買いしている。理由は、円安による「円の価値の低下」と「物価の異常な高騰」により、将来に不安を抱えるサラリーマンが増えたことだ。

円安で話題沸騰中の不動産投資 RENOSY(リノシー)に注目! - 外国人の不動産投資

そのような背景がある中で、「おまかせ不動産投資」のRENOSY(リノシー)が話題になっている。RENOSY(リノシー)では、なんと入居率99.3%という好条件の物件を揃えた安定経営が可能だ。

円安で話題沸騰中の不動産投資 RENOSY(リノシー)に注目! - RENOSY(リノシー)のロゴマーク

トレンドワードの「FIRE(経済的独立)」を目指すサラリーマン投資家からの人気が非常に高い。私がRENOSY(リノシー)の従業員に対面取材したところ、特に年収700万円以上の上場企業のサラリーマンや医師・弁護士等のハイクラス層が、投資先として選ぶことも多いとのことだ。やはり、ハイクラス層は目の付け所が違う。

まずは、無料の資料請求から

無料の資料請求はこちらから可能だ。人生を変える為の全てのスタート地点はここから始まるわけだ。なお、当ブログは、RENOSY(リノシー)と特別に提携しているので、資料請求後に初回面談(任意・WEB可)を行えば、それだけでRENOSY(リノシー)から貴方に50,000円分のAmazonギフト券が進呈される。

円安で話題沸騰中の不動産投資 RENOSY(リノシー)に注目! - 資料請求

ところで、「タダほど高い物は無い」とは、よく言う話だ。記事を執筆する以上、私自身も「本当に良い物」を記事にしていきたい。特に、不動産投資というと、営業電話を警戒される方は多いのでは無いだろうか。

そこで、私自身も本稿執筆前に資料請求をしてみたのだが、営業電話が掛かってくることは一切無かった。それに加えて、こちらからお願いして従業員への対面取材も行ったのだが、高利回りの不動産物件を手頃な初期費用で運用できるという先進的かつ優れたスキームであった。

これは、マジでヤバい・・・凄い会社が出てきた・・・と思い、不動産投資よりも先にRENOSY(リノシー)運営会社である株式会社GA technologies(ジーエー・テクノロジーズ)の現物株も買って株主になってしまったくらいだ・・・(笑)

円安で話題沸騰中の不動産投資 RENOSY(リノシー)に注目! - 株価ボード

もちろん、私自身もRENOSY(リノシー)の不動産投資を行うべく、資料を見たり面談を行ったりしながら諸々検討中である。

さて・・・話を元に戻そう・・・。

話は資料請求に戻るが、私が資料請求を行う中で、面談を希望する場合には、面談日程を自ら設定するという仕組みになっているため、資料だけを見て今後の不動産投資の参考にすることも可能だ。この点は、DX化による経営効率化という観点でも、非常に優れた方針であり、顧客への利益還元にも繋がる仕組みだと思う。

RENOSY(リノシー)とは?信用できるの?

RENOSY(リノシー)は、株式会社GA technologies(ジーエー・テクノロジーズ)が運営している。同社は、2013年に設立され、現在は東証グロース市場(旧東証マザーズ)に株式公開をしている上場企業だ。証券コードは3491となっており、本稿執筆時点の株価は1,619円となっている。時価総額は、59,292百万円だ。

円安で話題沸騰中の不動産投資 RENOSY(リノシー)に注目! - 本社ビル

東京都港区の住友不動産六本木グランドタワーに本社がある。財閥系不動産の入居審査は厳しく、上場審査も近年厳しくなっているため、企業としては信用できるといえるだろう。

GA technologiesの株価推移も見てみよう

念のために、株式会社GA technologies(ジーエー・テクノロジーズ)の株価推移も見てみよう。株価には、業績や会社の将来性も反映されるからだ。もちろん、それだけが株価変動の要因ではないのだが・・・。

円安で話題沸騰中の不動産投資 RENOSY(リノシー)に注目! - 株価推移

本稿執筆時点で、過去1年の株価を見ると「上昇トレンド」であることが分かる。機関投資家や個人投資家が参加するマーケットにおいて、高い評価を受けていることが分かる。

私の主観ではなく、客観的に見ても株式会社GA technologies(ジーエー・テクノロジーズ)が信頼に値する会社であることがお分かりいただけるのではないだろうか。

RENOSY(リノシー)のポイントは?

低額の初期投資で始められるのがポイントだ。初期費用10万円、月額1.5万円からでも始められる。そのため、概して高額な初期費用が求められる不動産投資の中でも、RENOSY(リノシー)は、かなり手軽に始められる部類に属すると言えるだろう。

RENOSY(リノシー)の物件は?

RENOSY(リノシー)の物件は、高い需要が見込めると専門スタッフが判断した「都市部の中古物件」だ。言葉で説明するよりも、建物を見ていただいた方が分かりやすいだろう。例えば、下記のような物件となる。

円安で話題沸騰中の不動産投資 RENOSY(リノシー)に注目! - 物件 ルーブル芦花公園

円安で話題沸騰中の不動産投資 RENOSY(リノシー)に注目! - PREST MA-RO 両国円安で話題沸騰中の不動産投資 RENOSY(リノシー)に注目! - パレスデュオ芝浦シティ

入居率99.3%というだけあって、かなりの好条件物件ばかりを集めていることがお分かりいただけるだろう。

賃貸管理サービスも充実

購入後に低価格で入居者募集やクレーム対応を代行してくれる。不動産投資会社の中には、賃貸管理サービスがいい加減で高額な会社もあるのだが、RENOSY(リノシー)なら信頼できる。

円安で話題沸騰中の不動産投資 RENOSY(リノシー)に注目! - 物件の賃貸管理サービス

専用アプリでサポート

RENOSY(リノシー)は、スマートフォン向けに専用アプリケーションを開発している。もちろん、全ての契約者が利用可能となっており、入居状況や送金状況がリアルタイムで分かる仕組みだ。

円安で話題沸騰中の不動産投資 RENOSY(リノシー)に注目! - 賃貸管理のiPhoneアプリケーション

ここまでDX化が進んでいると感服する。私自身、友人らから投資関係のDX化のコンサルティングの相談を受けることが良くあるのだが、RENOSY(リノシー)を参考にさせていただきたいくらいだ。

リノベーションも特別価格で提供

入居率と同様に不動産投資で悩まされるポイントといえば、「建物の老朽化」だろう。こちらに関しても、選任コンサルタントがついて費用対効果を明確に説明してくれる。例えば、フル・リノベーションの約4分の1、平米単価税込27,500円で平均9%の賃料アップを狙うことができるとのことだ。

円安で話題沸騰中の不動産投資 RENOSY(リノシー)に注目! - 特別価格でご提供

RENOSY(リノシー)は、おすすめ!

ここまでお読みいただいたら、RENOSY(リノシー)に多くの方が何らかの魅力を感じていただけたのではないだろうか。私自身も、取材であまりにも大きな魅力を感じてしまい、RENOSY(リノシー)運営会社である株式会社GA technologies(ジーエー・テクノロジーズ)の株主になってしまったくらいだ・・・(笑)

皆さんは、いきなり株主になる必要はないだろう。まずは、無料の資料をゲットしてみてはいかがだろうか。私の経験上、営業電話は一切掛かってこないから、その点は安心してほしい。

そして、気になったら、WEB面談で50,000円のAmazonギフト券をゲットしてみては。

円安で話題沸騰中の不動産投資 RENOSY(リノシー)に注目! - 資料請求で50,000円プレゼント

関連記事