Amazonが宅配ロッカー参入!

Amazon Hub ロッカーを設置

2019年9月18日、Amazonは「Amazon Hub ロッカー」というサービスを開始し、受け取りの選択肢を拡大すると発表した。
サービス名 受け取り方 保管期限
Amazon Hub ロッカー セルフ 3日
Amazon Hub カウンター 対面 14日
東京・神奈川で、2019年9月中にAmazon Hub ロッカーを数十か所で展開し、年末までに200か所まで増やす。翌年以降には全国でサービスを展開する予定だ。
ネコちゃん
仕事帰りに受け取れて便利だニャン。
イヌくん
買い物ついでに荷物の受け取り。
24時間サービスが嬉しいワン。

サービスの使い方

Amazon Hub ロッカー

利用者が注文時に配送先としてAmazon Hub ロッカーを指定。ロッカーへの商品配達が完了後、メールで「受け取り可能」になったことを利用者に通知する。
ロッカーに設置されたスキャナーで、利用者のスマホなどに表示されたバーコードをスキャンすると、ロッカーが開いて荷物が受け取れる。

Amazon Hubカウンター

利用者が注文時に配送先としてAmazon Hub カウンター導入店舗を指定する。店員が利用者のバーコードをスキャンして、商品を引き渡す。
イヌくん
お店は来店者が増えてハッピー!

サービスのメリット

AmazonがPRするメリットは次の3つだ。

  • 家にいなくてもOK!
  • 外出先で受け取れる
  • お急ぎ便が使える!
当初は、Amazon Hub ロッカーは商品受け取りだけに対応するが、将来的には返品もロッカーで行えるようサービスの充実を検討していくとのことだ。なお、海外では既に商品の返品もロッカーで行える。

再配達削減を目指して

Amazonは、再配達の削減を目指している。ネットショッピングの利用者が増えていることなどから同社の再配達の数量が急増しており、社会問題化しているためだ。
Amazon Hub カウンターは、シェアリングサービスのEcboなどが導入。Amazon Hub ロッカーは、FamilyMartや小田急電鉄などがサービスを展開する。今後、対応店舗を少しずつ増やしていく予定だ。
2019年以内を目安に、FamilyMartは約40~50店舗でAmazon Hub ロッカーを導入。一方で、小田急電鉄は駅構内などにAmazon Hubロッカーを設置する。サービス開始当初は6カ所、年内を目途に4カ所を追加設置する予定だ。
ネコちゃん
返品期間は商品到着から1か月だニャン。
イヌくん
早めに受け取らなきゃ。
時々、不良品ってあるからなぁ~。