Traders Trust (TTCM)は最大レバレッジ3,000倍!

Traders Trust(TTCM)とは?

Traders Trustの正式社名は「TTCM Traders Capital Limited」といい、バミューダ共和国に本社があるFX業者だ。正規の金融ライセンスを有する金融機関であり、世界中にFXトレーダーの顧客を持つ。

Traders Trust (TTCM)の最大レバレッジが3,000倍に! - バミューダ

TTCMと日本のFX業者との大きな違いは、相対取引ではなくNDD方式(A-book)を採用しているということ。

日本のFX業者は、基本的に顧客と相対取引を行っており、トレーダーの損失がFX業者の利益となるというビジネスモデルであるのに対し、NDD方式(A-book)のTTCMは、スプレッドと外付け手数料という手数料収入を収益源としている。

日本のFX業者のレバレッジは最大25倍だが、TTCMのレバレッジは世界最高水準の3,000倍だ。

Traders Trust(TTCM)公式サイト

NDD方式のTTCMには、どのようなメリットがあるの?

トレーダーとFX業者の利益相反が生じないという点が、TTCMを使うトレーダーにとって一番大きなメリットだ。

なぜならば、利益相反が生じると、トレーダーが勝ちすぎたらFX業者の損失になるため、FX業者があらゆる嫌がらせを仕掛けてくる・・・例えば、ストップ狩りや不利なレート配信などがある。

そして、最悪の場合、「利用規約違反」などとこじつけて、口座を凍結されてしまうこともある。これは、日本のFX業者で実際にあった話だ。

一方でTTCMの場合、手数料収入が唯一の収益源だ。そのため、TTCMは、トレーダーが稼いで取引量を増やしてもらいたいと考えており、「勝ちすぎたトレーダーへの嫌がらせ」などという行為はあり得ないのだ。むしろ、より良い取引環境を提供するために設備投資を行っているほどだ。

ハイレバレッジは、危険では?

確かに、実際に3,000倍のレバレッジを「限界」まで使い切って取引を行うのは、大変危険だ。ただ、それは日本のFX業者でも同じことで、25倍のレバレッジを使い切って取引を行うのは言語道断だ。レバレッジは、そもそも最大値一杯まで使うものではない。

Traders Trust (TTCM)の最大レバレッジが3,000倍に! - 危険

「3,000倍」というのはあくまでも最大値にすぎず、「1~3,000倍」の範囲内でトレーダーが自由にレバレッジを調整できるのだ。

レバレッジ3,000倍の魅力とは?

自由にレバレッジを調整して「3,000倍もレバレッジを掛けない」のだとしたら、そこにどのような魅力があるのか・・・と思われるかもしれない。

しかし、レバレッジが高いということは、上手にその特徴を活かすことで「強制ロスカットになりにくい」という強力な武器になる。

強制ロスカットになりにくいとは?

ロスカット基準が各社で定められており、TTCMの場合は証拠金維持率20%となっている。

このパーセンテージを割ってしまうと、強制的にロスカットされてしまう。

同一通貨・取引量(ロット数)を行うことを前提としてハイレバレッジ業者とローレバレッジ業者を比較すると、前者の方がポジションを建てる際の必要証拠金が少なくなるため、証拠金維持率が高くなり、ロスカット基準値(20%)に至って強制ロスカットされるリスクが低くなる。

Traders Trust (TTCM)の最大レバレッジが3,000倍に! - ローリスク

トレーダーとしては、自分の意思とは無関係にポジションを手仕舞いされ、強制的に損切りされる「強制ロスカット」という仕組みは厄介極まりないだろう。これが防げるというのは、極めて大きなメリットに違いない。

ところで、証拠金維持率とは?

FXは、外国為替証拠金取引という。証拠金をFX業者に預託して、その金額の3,000倍(日本のFX業者は25倍)の金額まで為替取引を行えるのだ。

例えば、TTCMで証拠金の3,000倍の取引を行えば、証拠金維持率は100%となる。

日本のFX業者の場合、25倍の取引を行えば証拠金維持率は100%だ。

仮に同じ取引をするならば、日本のFX業者の方が強制ロスカットされるリスクが高いのは一目瞭然だ。

証拠金維持率の計算式 有効証拠金÷必要証拠金×100
計算例1(含み損無し) 100万円÷30万円×100 = 333%
計算例2(含み損が50万円) (100万円-50万円)÷30万円×100 = 166%
計算例3(含み損が80万円) (100万円-80万円)÷30万円×100 = 66%
計算例4(低レバレッジの場合) 100万円÷70万円×100 = 142%

上記の数値はあくまでもイメージだが、仮に計算例1がハイレバレッジFX業者とし、計算例4をローレバレッジ業者だとすると、後者の方が必要証拠金(分母)が多くなるため、維持率が低くなるのが分かるだろう。

したがって、ハイレバレッジ業者の方が、大きな含み損に耐えることができるつまり、予想と異なる値動きをしてもポジションをキープして、利益確定を狙い続けることができるのだ。

また、長期投資をする場合には、ハイレバレッジ業者の方が有利となる。なぜならば、1日で動く為替レートの範囲はある程度限られているが、長期保有となるほど、値動きが積み重なって大きな変動になる場合がある。

そうすると、為替レートを完全に見通せてしまうような凄腕トレーダーは別として、多くの一般トレーダーにとっては、ハイレバレッジ業者を選ぶことで強制ロスカットを食らうリスクを減らすことができるのだ。

まとめ

Traders Trust(TTCM)は筆者の私も活用しており、3,000倍というレバレッジの魅力を是非とも皆さんに伝えたいと思って本稿を執筆した。

最大3,000倍のレバレッジを誇るTraders Trust(TTCM)であれば、資金効率が良く強制ロスカットも回避できる。従来の為替トレードでは短期投資のイメージが強かったが、ハイレバレッジFX業者を使えば「長期投資」も行えるので、皆さんもTraders Trust(TTCM)を活用してみてはいかがだろうか。

Traders Trust (TTCM)の最大レバレッジが3,000倍に! - TTCMトップページ

Traders Trust(TTCM)公式サイト を見る