関西電力の会長らが多額の金品受領

高浜町元助役が関電重役に裏金

関西電力の八木会長・岩根社長・豊松副社長ら20人の重役が、福井県高浜町の元助役(任期:1977年~89年)の森山栄治氏から2017年までの7年間で計約3億2千万円の金品を受け取っていた事実が、金沢国税局の税務調査や匿名の「告発文書」により発覚した。同町では関電高浜原発が稼働している。

いわゆる「原発マネー」が関電重役らに還流されていたのだ。重役ら関係者は、金品受領の事実を認めている。また、元助役の森山氏が地元の建設会社の吉田開発から約3億円を受け取っていたことも分かっている。

2019年9月26日、関電広報室は社内調査委員会による調査結果を公表し、「受領した金品は、ほぼ全て返却した。」などと主張している。そして、さらに問題視なのは、「裏金渡し」が始まってから吉田開発に対する「原発関連工事」の受注が約6倍に急増していたのだ。
なお、森山氏は、関電内で通称「Mさん」と呼ばれていた。
ネコちゃん
電力は特に公共性の高い事業なので、ネット上では批判が殺到しているみたい。

問題発覚の経緯

2018年1月、金沢国税局が原発関連工事を手掛ける吉田開発(高浜町)に対して税務調査を実施。同社から工事受注の手数料という名目で約3億円の資金が森山氏に流れていることが分かった。
その後、国税局が森山氏の税務調査も行ったことで「裏金渡し」の事実が発覚した。裏金の金額は当初1億8千万円程度とみられていたが、実際には3億2000万円以上に上ることが明らかになっている。

そもそも、原発誘致の理由は?

1960年頃から高浜町の人口流出が始まり、同町は過疎化してしまった。また、同町には特に目立った産業が無かったため、原発誘致で町の活性化を図ったのだ。

助役とは?

助役は、2007年3月31日まで存在した地方自治体の役職で、市町村長を補佐し事務を監督する地方公務員の特別職だ。現在では呼び方が変わり、「副市長(又は副町長、副村長)」となっている。

告発文書とは?

週刊朝日が「告発文書」を入手し、ネット上に公開している。下記にそのスクリーンショット画像を掲載させていただく。

元助役が関電子会社の顧問!?

2019年10月1日、新聞各社が新たな情報を掴み報道した。関電の全額出資会社「関電プラント(大阪市)」が30年以上(1987年~2018年12月)にわたって福井県高浜町の元助役・森山氏と非常勤顧問の契約をし、報酬を支払っていたというのだ。報酬の額は不明だが、同社は「常識の範囲内」だと主張している。

そして同社は元助役と関係のある高浜町内の建設会社・吉田開発(福井県高浜町)に対し、少なくとも1億5千万円の工事を発注していた。発注者と受注者は利益相反関係にあり、元助役は双方と懇意にしていながら親会社の関電重役に「裏金」を渡していたことになる。
関電プラントの担当者は、「有識者」から助言をもらうために森山氏と契約していたと主張している。しかし、同氏が関電プラント本社に来たことはなく、同社幹部が高浜町を訪れた際に同氏と面談する程度だったという。
なお、2018年12月に顧問契約を終了したのは、森山氏の体調が悪化したことが理由とのことだ。

関電、裏金の実態を公表へ

2019年9月29日、関西電力は幹部会議で「社内報告書」を開示する方針を固めた。全員の氏名、正確な人数や金額を公表する方針を示した。

10月2日に会見

2019年10月2日の14時から、経営トップの八木会長と岩根社長が同席して「金品授受問題」の説明を行うための会見が開かれた。会見では、20人の重役らが「金貨365枚、小判3枚、金500g、金杯8セット、6322万円分の商品券、スーツ仕立券(スーツ75着相当)、1億4501万円以上の現金」を受け取っていたことを明かした。会見時の資料等によると、その総額は3億2,000万円以上に上る。

受領金額の多い順

鈴木常務 1億2367円相当
(現金7000万円)
豊松元副社長 1億57万円相当
(現金4000万円)
八木会長 859万円相当
(商品券30万円、金貨63枚、金杯7セット)
岩根社長 150万円相当

関電としては、森山氏(通称Mさん)は「自分を大きく見せようとする」示威行為の手段として金品を渡していたと認識しており、金品の返還を試みても「無礼者!ワシを軽く見るなよ!」と激高され、返すことができなかったとのことだ。また、関係者は現在、ほとんど全ての金品を返却済みだと主張している。

そして、吉田開発への発注に関しては、「社内規定に従い適切に行っていた」と主張している。

 

イヌくん
弁護士によると、「返そうとした」という主張が検察の捜査や裁判で認められるケースは少ないみたい。
ネコちゃん
今回のケースでは、金品受領者が会社法の特別収賄罪特別背任罪に問われる可能性も否定できないらしい。

関電による社内処分

10月2日の会見では、岩根社長と八木会長は辞任を再び否定した。その上で、6名の社内処分を行うと発表。その内容は以下の通りだ。

八木誠会長 報酬2割を2か月返上
豊松秀己元副社長 報酬2割を2か月返上
岩根茂樹社長 報酬2割を1か月返上
森中郁雄副社長 厳重注意
鈴木聡常務 厳重注意
大塚茂樹常務 厳重注意