ADXとDMIの特徴&見方と使い方

ADXとは?

ADXは、モメンタム指標の一種で「相場におけるトレンドの強さ」を分かりやすく示してくれるインジケーターだ。価格の変動幅を指数化することで、トレンドの方向性や強弱の度合いを分析する。

ADXの特徴と使い方

為替相場のトレンド開始・継続・終了を見極める

ADXが上昇トレンドを描き始めたら「上昇又は下落トレンドの開始」と判断し、ADXの上昇中は「相場のトレンドは継続」と捉える。そして、ADXが下落に転じたら「トレンドの終了」とみなし、ADXの下落中は「相場はトレンドのない状態」だと考える。

ADXだけではトレンドの方向は分からない

ADXが示すのは、為替相場における「トレンドの有無」と「トレンドの強弱」だ。このため、ADX単体で売買判断を下すことはできない。一般的には「DMI」というテクニカル指標とADXを併用することで、売買ポイントを探ることが多い。

DMIとは?

DMI(Directional Movement Index)は日本語で「方向性指数」といい、トレンドの方向性を見極めるために使うインジケーターだ。「順張り戦略」で特に有用であり、多くの投資家がADXと併せて愛用している。

ADXとDMIの組み合わせの「買いシグナル」

  • +DIが-DIを上抜き、ADXの線が上昇トレンドのとき
  • +DIが-DIより上にあり、ADXが下落から上昇に転じたとき

ADXとDMIの組み合わせの「売りシグナル」

  • ADXが上昇から下落に転じたら「トレンド終焉」なので手仕舞い
  • -DIが+DIを下抜き、ADXが下落トレンドのとき
  • +DIが-DIより下にあり、ADXが上昇から下落に転じたとき

ADXとDMIの見方&使い方

USD/JPYの週足チャートにADXを適用したので、ご覧いただきたい。なお、MT4に標準搭載された「ADX」のインジケーターにはDMIの線が含まれている。

 

  • 青色の線:-DI
  • 赤色の線:+DI
  • 水色の線:ADX

一つ目の白丸では、+DIが-DIを下から突き抜けており、その瞬間はADXが下落トレンドだが徐々にADXも上昇トレンドに転じたことでUSD/JPYの為替相場も上昇トレンドに転換している。

二つ目の白丸では、-DIが+DIを下抜けており、少し遅れてADXも下落トレンドに転じている。これらの条件でADXとDMIは為替相場の下落転換を示唆しており、実際にUSD/JPYの週足チャートは大きな下落トレンドを描き始めた

三つ目と四つ目の白丸は、典型的な上昇トレンド示唆である。+DIが-DIを上抜けた瞬間(又はその直後)にADXも上昇に転じており、買いサインが点灯している。実際に、このサインの直後からUSD/JPYの週足チャートが上昇トレンドに入っている。

FXのテクニカル分析の最新記事8件