パラボリックの特徴&見方と使い方

パラボリックの特徴&見方と使い方

パラボリックの概要と特徴

パラボリックは、為替相場のトレンド転換点を見極める「トレンドフォロー型」のテクニカル指標だ。常に買いか売りのポジションを持つことを想定して利用する。 つまり、買いポジションを持っているとき、為替レートのトレンドが転換して下落に転じると、買いポジションを手仕舞うだけでなく、「どてん」でショートの新しいポジションを持つ。

パラボリックの正式名称は、「Parabolic SAR」だ。SAR(ストップ&リバース)には「止まって逆に行く」という意味がある。つまり、「どてん」のことだ。

為替レートは、常に一方方向に動くわけではない。強いトレンドを形成していても、いつか必ずトレンドの勢いが弱まる。パラボリックは、為替レートの値動きはいつか必ず勢いを失い、「転換点」を迎えるはずだという考え方にもとづいている。

パラボリックを使った投資法

パラボリックは、SARがライン(点の集合ライン)をもとにトレンドの向きを判断する。

  • 為替チャートがSARの上にあるときは上昇
  • 為替チャートがSARの下にあるときは下落

パラボリックの「ダマシ」

パラボリックは、「相場のボラティリティ(値動き)が大きい」ときに強みがある。一方で、「相場のボラティリティが小さい」ときや持ち合い相場では、パラボリックのサインが点灯したままになったり、「ダマシ」が多くなったりする。

パラボリックの特徴&見方と使い方 - ダマシのチャート

上の画像では、ボラティリティが小さくなっており、パラボリックが長期間にわたって点灯したままになっている。また、上下に頻繁にサインが出ており、「ダマシ」が多い。

パラボリックの見方&使い方

EUR/USDの日足にパラボリックを適用したので、下記のチャートをご覧いただきたい。

パラボリックの特徴&見方と使い方 - チャートの上下にサインが点灯

白丸(SAR)より為替チャートが上にあれば、上昇トレンド。白丸(SAR)よりも為替チャートが下にあれば、下落トレンドだ。パラボリックが転換したときに、「どてん」するという戦略を取ることができる。

FXのテクニカル分析の最新記事8件