CCIの特徴&見方と使い方

CCIとは?

CCIは、「Commodity Channel Index」の略だ。非常に有名なテクニカル指標で、FX取引中級レベル以上の多くの投資家がCCIを利用して価格変動の予測をしている。

CCIの計算式

少し難しいので、計算式は読み飛ばしていただいても構わない。

CCI = (TP – MA) / 0.015 × MD

  • TP(Typical Price)=(高値+安値+終値)÷3
  • MA = TPの●●日間単純移動平均
  • MD(Mean Deviation)= 平均偏差

CCIの特徴と使い方

CCIの基本的な考え方は、為替の値動きには一定のサイクルがあるということだ。一定周期で為替レートが上下するという捉え方を前提として、CCIは「買われすぎ・売られすぎ」のシグナルを発する。

CCIの買いシグナル

  • -100%未満 → -100%ラインを上抜く = 買い
  • -100%未満の水準 = 売られ過ぎ
  • 「ダイバージェンス」の買いシグナル
    為替が下落トレンドで安値更新中に「CCI:-100から上昇トレンド形成」

CCIの売りシグナル

  • +100%以上 → +100%ラインを下抜く = 売り
  • +100%以上の水準 = 買われ過ぎ
  • 「ダイバージェンス」の売りシグナル
    為替が上昇トレンドで高値更新中に「CCI:+100から下落トレンド形成」

CCIの見方&使い方

USD/JPYの1時間足チャートにCCIを適用したので、ご覧いただきたい。

CCIの特徴&見方と使い方

一つ目の白丸では、CCIが「-100%未満の水準」から「-100%ライン」を上抜いており、買いシグナルが点灯している。そして、チャートも上昇トレンドを形成している。

その後、CCIが「+100%以上の水準」から「+100%ライン」を下抜いており、売りシグナルが点灯している(2つ目の白丸)。丁度そのあたりから、チャートも下落トレンドに転じた。

3つ目の白丸では、1つ目の白丸と同様にCCIが「-100%未満の水準」から「-100%ライン」を上抜いており、買いシグナルが点灯し、その後、チャートは上昇に転じている。

FXのテクニカル分析の最新記事8件