RCI

RCIの特徴&見方と使い方

RCIの概要と特徴

RCIは、一定期間内の為替変動の「時間」と「レート」に順位付けをして、両者の相関関係の強さをあらわす。為替レート自体を計算対象とはしていない。RCIは、「売られすぎ」と「買われすぎ」を見極めるのに適したトレンド系とオシオレーター系の両方の性質を持ったテクニカル指標だ。

トレンド系とは

トレンド系は、為替レートの方向性を捉えて、その方向に順張りをするために使われることが多い。RCIの他に、ボリンジャーバンド、移動平均線、MACD、一目均衡表などがある。

オシオレーター系とは

  • オシオレーターは、振り子・振り幅という意味。
  • 買われすぎ・売られすぎのシグナルを発する。
  • RCIの他に、RSI・ストキャスティクスなどがある。

RCIの売買シグナル

  • RCIがマイナスからプラスになったとき「買い」
  • RCIが底打ちしてから上がり始めたら「買い」
  • RCIがプラスからマイナスになったとき「売り」
  • RCIが天井を打って下がり始めたら「売り」

RCIの弱点

「RCIが下がり始めたら売り、RCIが上がり始めたら買い」とする場合、為替が一定のレンジで動いているときには「ダマシ」が出やすくなる。

MT4のRCIインジケーターのダウンロード

為替取引(FX)でチャート分析や自動売買に使うMT4には、RCIのインジケーターがはじめから入っていないので、RCIのインジケーターをダウンロードして入手する必要がある。(RCIの提供元:https://a-kufx.com)

ダウンロード

RCIの見方&使い方

MT4でUSD/JPYのチャート(日足)にRCIを適用した。

RCIの特徴&見方と使い方 - RCIチャート(解説)

白丸のところで底打ちして(または天井を付けて)、買いどき(または売り時)を示している。底打ちした(または天井を付けた)ときには、「ダマシ」なのか為替相場の転換点なのかが分からないので、ある程度方向性が定まってからエントリーすると良いだろう。

FXのテクニカル分析の最新記事8件