大手企業でもリストラが増加!? - ハローワーク

大手企業でもリストラが増加!?

ソニーで事業縮小とリストラ

スマホのメーカーといえば、ソニーが有名だ。ソニーは国内のみならず、スマホ事業をグローバル展開してきたが、事業を縮小する。具体的には、欧州や日本などを除く地域の販売網を大幅に縮小するとのことだ。国内については引き続き注力する方針だが、2019年夏以降にはじまる「通信料金と端末代金のセット値引き禁止」には、戦々恐々としている。

ソニーは主要な販売地域を日本や欧州、香港と台湾に絞ることにした。東南アジアなどでは営業拠点を縮小し、新商品の積極的な展開などを大幅に減らしていく。過去にはエリクソンとの合弁会社で携帯電話事業を展開し、世界で年1億台を出荷していた。12年に合弁を解消し、ソニー単独で世界に再挑戦したが現在、世界シェアは1%未満だ。

ソニーは収益性が悪化したパソコンや電池事業を売却し、テレビも生産体制を見直してきた。スマホは14年にリストラを行い、一度は黒字化したものの再び赤字に転落。2020年度の黒字化を目指している。今後はハードに依存せずに、画像センサーなどデバイスコンテンツサービスへのシフトを急いでいるという状況だ。

大手企業でもリストラが増加!? - 日経新聞

メガバンクのリストラ

メガバンク各行が、2017年に相次いで大規模なリストラ計画を発表した。リストラ人数は下記の通りだ。

  • みずほ:1万9000人
  • 三菱UFJ:9500人
  • 三井住友:4000人

大手企業でもリストラが増加!? - 三井住友銀行

みずほ以外の銀行は人員削減ではなく、「業務量の削減」とされている。しかし、仕事量が減るということは、実質的な「人員削減」であることは明らかであり、実際に閑職に追い込まれて転職する銀行員が増えてきている。

なぜ、メガバンクが「大リストラ」を行わなければならないのか。三菱UFJ銀行の場合、生産性(1人あたりの経常収益)が2017年までの5年間で20%以上落ち込んでおり、これが一因になっているといえる。

次に考えられる要因は、「AIを活用した業務の自動化」である。オックスフォード大学の研究によると、今後10年程度でAIにより仕事は半減する(代替可能となる)という。このなかに、「銀行の融資担当者」や「電話オペレーター」なども含まれており、銀行内の相当数の仕事はAI化できるといえる。

そして、店舗網の縮小も進んでいる。2018年頃までの10年間で、メガバンクの店舗数は40%程度削減されてきたのである。店舗が不要な形へ、銀行のビジネスモデルが徐々に変化してしてきたといえる。

メガバンクの新卒採用抑制

メガバンクでは、リストラを行うばかりでなく新規採用を抑制している。2019年4月1日(月)の時事通信社の報道によると、三菱UFJ銀行は、2020年4月の新卒採用の人数を前年から約45%減の530人とする。

三井住友銀行、みずほフィナンシャルグループもそれぞれ1割、2割程度減らす予定だ。採用数は、3メガバンク合計で1700人程度となり、前年から3割近く減少する。合計で約6000人を採用していたピーク時の2007年入社と比べると3分の1以下に落ち込むことになる。

リストラされたら、どうするか

リストラの対象となるのは、「若年者」よりも「中年配者」の方が多い。このため、次の職場をどうするかという問題がより深刻になる。若年者であれば、ハローワークに出向いて「自ら探す」のも一つの方法だ。しかし、30歳を超えてリストラにあってしまったら、「キャリアを活かした転職」が必ず必要となるので、「キャリアを活かした転職支援のプロ」に相談をするのがベストだ。

そこで、ここでは無料で利用することができる「キャリア人材(経験者採用)に強い人材紹介会社」を紹介させていただく。時間の許す限り、全ての人材紹介会社に登録しておくことが、転職成功の可能性を高めることに繋がるだろう。

リクナビNEXT

大手企業でもリストラが増加!? - リクナビ

リクナビNEXTは、転職を検討する際、多くの人が最初に登録するウェブサイトだ。提携エージェントが登録されたレジュメを見て、オファーを送ってきてくれる。中には、特別な求人案件を付けてメッセージをくれる転職エージェントもある。

リクナビNEXTの掲載料金は比較的高額なので、その結果として、人材を大切にする姿勢がある(=求人にしっかりとお金をかける)企業が数多く掲載されているようだ。リクナビNEXTの求人は優良案件が多く、ブラック企業はとても少ない。

マイナビエージェント

大手企業でもリストラが増加!? - マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代に強い転職エージェントだが、「30代以降のキャリア採用」にも相当な強みを持つ。メーカー、金融、サービスなど幅広く扱っており、経験者限定の「エグゼクティブ案件」もある。登録者の経験内容によって担当者が決まるので、的外れなアドバイスをされることは少ないはずだ。マイナビは企業から手数料を受け取るため、転職者のサービス料金は無料だ。

ワークポート

大手企業でもリストラが増加!? - ワークポート

ワークポートでは、30歳以上の利用者が58%を占める。マイナビエージェントと同様に「キャリア採用」に強みを持つ転職支援サービスだ。中小企業をリストラされてから、大手有名企業に「リベンジ合格」を果たしたという例もあるとのことで、保有する求人の質と量、コンサルタントのサポート力には定評がある。

大手企業でもリストラが増加!? - 円グラフ(ワークポート)

ワークポートも、企業から手数料を受け取っているので転職者は無料でサービスを利用することができる。あとからお金を請求されたなどというトラブルは過去に一度もないので、安心して利用できるエージェントだ。