ブレグジット(EU離脱)とは?時系列で解説

英国のEU離脱をあらわす言葉

イギリスの街並み - ブレグジット(EU離脱)とは?時系列で解説

EU(欧州連合)からイギリスが離脱しようとしており、これをあらわす言葉がブレグジットである。イギリスを意味する「Britain」と離脱を意味する「Exit」で構成される造語だ。

2016年6月、イギリスでは、EU離脱の是非を問う国民投票が行われた。結果は「52%」対「48%」で、離脱派が勝利した。投票率は71.8%であり、3000万人以上が投票したことになる。

キャメロン首相 - ブレグジット(EU離脱)とは?時系列で解説

残留派の敗北を受けて、EU離脱に反対していたキャメロン首相が国民投票当日に辞任してしまった。後任のメイ首相は、欧州を相手に「ブレグジット交渉を優位に進める」ため、国内世論をまとめる必要があると考え、総選挙を前倒して実施した。ところが、与党(保守党)は総選挙で敗北し、議会で過半数の議席を失った。

イギリスはEUから離脱するために、「EU基本条約(リスボン条約)」の第50条を発動させ、離脱条件等の合意成立へ向け、2年間にわたって交渉してきた。交渉が延長されない場合、イギリスが正式にEUを離脱するのは2019年3月29日である。

2019年3月27日に英国で投票

英国下院は2019年3月27日、メイ首相のEU離脱協定に代わる議員提出8案に対する「示唆的投票」を行ったが、いずれの案も過半数を得られず否決された。

3月27日は異様なことに、ブレグジット審議の主導権を議会が握っていた。提出案の中身を見ると、「2度目の国民投票」「4月12日に合意なく離脱」など、さまざまだった。

一方で、メイ首相は「首相自身がEUとまとめた離脱協定」が可決されれば、辞任するという意向を示している。なお、この協定はこれまでに2度、否決されている。

イギリスの街並み - ブレグジット(EU離脱)とは?時系列で解説

EU離脱は2019年4月以降へ

2019年3月38日(木)の日本経済新聞(夕刊)の報道によると、英議会は、EUからの離脱時期を3月29日から4月以降に延期することを決めた。なお、離脱の具体的な方針は、何も決まっていないようだ。

保守党のメイ首相は、自身の「離脱案」を英議会が承認した場合には辞任する考えを表明しており、3月29日までに離脱案の可決を目指している。しかし、与党の反対派の多くは反対の姿勢を変えないと表明しているので、「離脱案可決」のめどは立っていない。

ブレグジット(EU離脱)とは?時系列で解説 - 日経新聞

2019年10月へ離脱延期

イギリスは、3月29日にEUを離脱する予定だったが、下院で離脱協定が承認されず、メイ首相はEU基本条約(リスボン条約)50条に基づく離脱交渉期間の延長を要請した。

EU側は4月12日までの延長を認めたものの、期日までに協定が批准されなかったため、2度目の延長が決まった。そこで、メイ政権は現在、最大野党・労働党と譲歩案をまとめるために協議を続けている。

野党労働党との協議や離脱協定修正への取り組み

メイ首相 - ブレグジット(EU離脱)とは?時系列で解説

メイ首相は、野党の労働党と粘り強く協議したり、EU離脱へ向けた協定案の修正などに取り組んだ。

しかし、徐々に与党内を含め、政権内から波及し国民の支持を失ってしまい、短期間で党首を辞任する事態となってしまった。

選挙によりジョンソン首相が就任

ジョンソン首相 - ブレグジット(EU離脱)とは?時系列で解説

 

メイ首相の辞任に伴い、与党保守党で党首選が行われ、2019年7月24日にジョンソン首相が就任した。
ジョンソン首相は強硬派として知られ、当初から「合意なき離脱」を辞さない構えを見せ、10月末のEU離脱を必ず達成するという姿勢で交渉に臨んだ。
ところが、議員らの「合意なき離脱」への反対意見もあり、2019年10月19日までに離脱協定案を英議会で承認できなかった場合には、イギリス政府に離脱の延期を義務付ける「離脱延期法が9月に成立した。

懸案事項を払拭してEUと合意

ジョンソン首相は、かねてから議題に挙がっていた「バックストップ」に関して、代替案を示すなどして離脱協定案をまとめ、協議を行った末に10月17日にようやくEUと合意に至った。

「まとめ」きれず、延期申請へ

ところが、英議会では、関連法案の成立まで「新離脱協定案」の採決を保留するという動議が成立し、10月19日までの離脱協定案の承認ができなくなってしまった。

その採決見送りにより、ジョンソン首相は「2019年10月19日までに離脱協定案を承認できなかった場合」にイギリス政府に対して「離脱の延期を義務付ける」という内容の離脱延期法に基づき、離脱日の延期をEUに対して求めたことで、最長で2020年1月31日までの離脱延期が承認された。

その後、ジョンソン首相は、懸案となっていたバックストップに関する代替案を含んだ離脱協定案に関する新たな提案を行い、協議の末、10月17日にEUと合意しました。しかし、英議会では、関連法案が成立するまで新離脱協定案の採決を保留するという動議が成立したため10月19日までの離脱協定案承認が不可能となりました。新離脱協定案の採決見送りを受けて、ジョンソン首相は法律に基づき離脱日の延期をEUに対して要請し、最長で2020年1月31日までの離脱延期が承認されました。

解散総選挙の実施

イギリスの解散総選挙 - ブレグジット(EU離脱)とは?時系列で解説

2019年10月29日、英下院では「解散総選挙」を行う法案が通過した。
これにより、同年12月12日に解散総選挙が実施され、その結果、保守党が圧勝して「ジョンソン首相」の勝利となった。
その結果として、イギリスは新離脱協定案をこんどこそ「まとめ」ることができ、議会で承認。
2020年1月31日、ようやく正式にEUから離脱した。

ビジネス情報誌と書籍の紹介

日経ビジネス

「日経ビジネス」は、現場取材ならではの事実に基づいた記事や、情報の分析に定評がある。

忙しいビジネスパーソン向けに経済情報をしっかりと選んで記事にする「選択眼」が強みだ。創刊以来49年にわたり、多くのビジネスパーソンから支持を集めている。雑誌と電子版のセットが人気だ。

ブレグジット(EU離脱)とは?時系列で解説 - 日経ビジネス

日経BPマーケティング公式サイト

半年コース:¥16,100(2019/3/30現在)

迷走するイギリス

イギリス国民投票によるEU離脱問題をテーマにした書籍だ。

イギリスのEU加盟から現在までの歴史について解説している。イギリス外交史・国際政治の第一人者といわれる著者が、歴史的背景からイギリス政治社会とヨーロッパを展望する。慶應義塾大学法学部教授 細谷雄一著、2017年6月発売(慶應義塾大学出版会)。

ブレグジット(EU離脱)とは?時系列で解説 - 迷走するイギリス

紀伊国屋オンラインストア

¥1,944(2019/3/30現在)