FXの勝者はチャート分析の達人!

FXの勝者はチャート分析の達人! - 為替チャート

FXのプロはファンダメンタルズ分析をする

テクニカル分析とは、チャートをもとに、為替の過去の値動きから将来の値動きを予想しようとする方法だ。テクニカル分析は、一般の個人投資家が主に行っている。

一方で、需給に影響し得る様々な要因をもとに値動きを予測する方法が、ファンダメンタルズ分析だ。例えば、数十億円を為替市場で動かすファンドマネージャーや為替ディーラー、プロのFX個人投資家は、ファンダメンタルズ分析を主体としてテクニカル分析も行い、為替動向を予測している。

FXの勝者はチャート分析を極めている

テクニカル分析で為替動向が分かる

プロが日常的に使う「情報」は、個人が入手することはできないので、個人投資家はテクニカル分析に頼らざるを得ない。ただし、FXのプロであってもテクニカル分析は必ず行っており、プロ・個人を含めたすべての投資家が見る情報が「チャート」や「テクニカル指標」である。そして、為替動向は、それらテクニカル指標に反映されるので、テクニカル分析を徹底することで、為替動向を予測することにつながる。

例えば、為替の値動きの節目となる「レジスタンス」や「サポート」など、FXのプロ・大口投資家が必ず参考にする概念があるので、テクニカル指標の中でも特に「誰でも使っている指標・情報」こそ、一般の個人投資家はしっかりと注目して重点的に分析することが大切だ。

FXの勝者はチャート分析を極めている

損切は素早く機械的に

テクニカル分析は万能ではなく、あくまでも予測ツールである。このため、予測に失敗することは日常茶飯事であるから、エントリーポイントを誤ることもあり得る。予測が間違っていると分かったら、素早く機械的に損切を行わなければ、元金の大部分を失うような損失に繋がる可能性もある。

値動きの予測が合っているのか、間違っているのかを確認する際にも、テクニカル分析やチャートの知識が必要だ。このため、個人投資家にとってテクニカル分析の知識は必ず必要であるといえるだろう。

損切に失敗した場合

一般の個人投資家の方には、機械的に損切ができず、ついついポジションをキープしてしまうといった経験が誰にでもあるはずだ。そして、最悪の場合、ポジションの強制決済がなされて元金全額を失い、さらに追加入金が求められるということも起こりえる。

実際に、ネット上には「強制決済後に628万円の借金」を背負ったという事案を知る人物の生々しい書き込みなどが見られる。このように、日本のFX会社では元金をはるかに上回る金額を失う可能性があるのだ。

FXの勝者はチャート分析を極めている

一方で、海外のFX会社では、このようなことが起こることはない。なぜならば、ゼロカットシステムが導入されているからだ。ゼロカットシステムとは、為替が大暴落したり、FX投資家が為替動向を見誤ったりして、FXの規定によりポジションが強制決済になってしまった場合であっても、追証(追加保証金)の入金が求められることはない。強制決済の結果として、口座残高がマイナスになっても、マイナス分を個人投資家が補填する必要はなく、FX会社が損失を負担するのだ。

個人投資家に安心して取引してもらうことにより、取引量を増やして手数料収入を稼ぐことによって、トータルでは利益がでるので、海外のFX会社はゼロカットシステムを導入しているという。

ゼロカットシステムのあるFX会社

海外FX会社の中でも大手で評判の良い会社が「XM Trading」である。顧客数は全世界で100万人を超えており、入手金トラブルはネット上でも全く報告されていない。日本人向けのカスタマーサービスを行っており、日本人のオペレーターが常駐して対応しているので安心だ。公式サイトも日本語に完全対応している。

FXの勝者はチャート分析の達人! - XM

公式サイト

「FXの知識と手法」の最新5記事